ライトロードとクリボーを好む遊戯王復帰勢のブログ

遊戯王-クリボー.COM

サポートカード解説

「通常魔法」汎用おすすめカード紹介

投稿日:2018年2月24日 更新日:

 

栗原
どうもおはこんにちばんわもうすぐ5年もしたら魔法使いになる栗原です。

 

展開スピードが非常に重要となる遊戯王では、手札からすぐに発動が行えるカードが重宝されています。

中でも通常魔法カードには汎用性の高いカードが多く、デッキの展開のサポートとして重要な役割を担っています。

今回は汎用性の高い魔法カードについて紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

ギャラクシー・サイクロン

ギャラクシー・サイクロン 通常魔法
「ギャラクシー・サイクロン」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

フィールドにセットされている魔法・罠カードを対象に破壊を行う効果を持っています。

表側表示のカードに対して破壊を行うことが出来ず、サイクロンと比較してもフリーチェーンで発動が行えない点で劣ってしまいますが、墓地から除外することでフィールドの魔法・罠カード1枚を対象に破壊を行うことが可能です。

1枚で2枚の破壊が可能となっており、アドバンテージを得ることが出来る強力なカードとなっています。

墓地から除外して発動を行う破壊効果はセットカード以外の表側表示の魔法・罠カードの破壊も可能となっていますが、墓地へ送られたターンに発動することが出来ない点に注意しましょう。

手札コストとしての使用も有効なプレイングとなっています。

 

 

死者蘇生

死者蘇生 通常魔法
(1):自分または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。

説明不要の1枚、とりあえず入れておきたいカードの1枚。

自分・相手の墓地のモンスターを特殊召喚できるので、デッキにチューナーを入れていなくても相手の墓地のチューナーを蘇生してシンクロ召喚することができる。

基本的にモンスターであれば何でも蘇生できるが召喚条件が満たされていないモンスターや、召喚手段が限定されているモンスターは蘇生はできないので注意が必要です。

 

 

ソウル・チャージ

ソウル・チャージ 通常魔法(制限カード)
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
(1):自分の墓地のモンスターを任意の数だけ対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚し、自分はこの効果で特殊召喚したモンスターの数×1000LPを失う。

自分の墓地のモンスターを任意の数だけ対象に蘇生を行うことが出来る強力な効果を持ちます。

デメリットとして墓地から特殊召喚したモンスター1体につき1000ライフポイントを失い、且つ発動したターンはバトルフェイズを行うことが出来ませんが、1枚のカード消費で最大5体のモンスターの特殊召喚を行うことが出来ます。

バトルフェイズが行えない先行1ターン目などで発動することで場の制圧力を大幅に高めることが可能となっており、デメリットを共有できる一時休戦などとの併用も有効です。

 

 

ハーピィの羽根帚

ハーピィの羽根箒 通常魔法
(1):相手フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。

説明不要の1枚、とりあえず入れておきたいカードの1枚。

 

 

ブラック・ホール

ブラック・ホール 通常魔法
(1):フィールドのモンスターを全て破壊する。

フィールドのモンスターをすべて破壊するという、小学生が考えたようなカード!!

最大で1:6交換ができる程の威力を持っている。以前は禁止カードにしていされていたが時代の流れと共に制限に戻り今では無制限です。

もしデッキのスペースが空いていたらとりあえず入れておきたいカードの1枚

 

 

ルドラの魔導書

ルドラの魔導書 通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):「ルドラの魔導書」以外の自分の手札・フィールドの「魔導書」カード1枚または自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、自分はデッキから2枚ドローする。

手札・フィールドの魔導書もしくは魔法使い族モンスター1体を墓地へ送ることで2枚のドローが行えるカードとなっており、2対2のカード交換を行うことが出来ます。

魔導書士 バテルと相性が良く、サーチ後に墓地へ送ってリリースすることで即座に手札入れ替えを行うことが出来ます。

エクストラデッキに副話術士クララ&ルーシカを採用しておくことで魔法使い族モンスターを採用していないデッキにおいても使用することが可能です。

黒き森のウィッチなど魔法使い族モンスターには汎用性の高いモンスターが多いため、併せて採用しておくことで安定したプレイングを行うことが出来ます。

 

 

命削りの宝札

命削りの宝札 通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):自分は手札が3枚になるようにデッキからドローする。
このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。
このターンのエンドフェイズに、自分の手札を全て墓地へ送る。

発動を行うターンにモンスターの召喚を行うことが出来ませんが、手札が3枚になるようにドローすることが出来ます。

このカードを含む手札のカードを召喚やセットなどで0枚にすることで1対3のカード交換が可能となり、ハンドアドバンテージを得ることが出来ます。

発動を行ったターンのエンドフェイズに自分の手札を全て墓地へ送らなければならず、ターン終了時まで相手が受けるダメージも0になってしまうなどデメリットも多いカードではありますが、専用の構築とプレイングを行うことで高いポテンシャルを発揮してくれるカードとなっています。

 

 

雪花の光

雪花の光 通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地に魔法・罠カードが存在しない場合に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
このカードの発動後、このデュエル中に自分は「雪花の光」以外の魔法・罠カードの効果を発動できない。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札のモンスター1体を相手に見せ、デッキに戻してシャッフルする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

自分の墓地に魔法・罠カードが存在していない場合でなければ発動することが出来ませんが、2枚のドローが行えます。

1対2のカード交換となり、ハンドアドバンテージを得ることが出来る強力な効果を持つカードですが、発動後はデュエル中同名カード以外の魔法・罠カードの発動が制限されてしまうため、専用の構築が必須となるカードです。

墓地へ送られた後は除外を行うことで手札のモンスター1体を墓地へ戻して1枚のドローが行えるため、2枚目以降の発動をサポートしながら手札入れ替えが可能です。

モンスターのみで構築を行ったデッキにおいては強力なドローソースとして活躍し、安定したプレイングが行えます。

「超重武者」テーマはもちろん、モンスターの採用割合の高い「海皇」「海精鱗」などのデッキなどと相性の良いカードとなっています。

 

 

闇の誘惑

闇の誘惑 通常魔法
(1):自分はデッキから2枚ドローし、その後手札の闇属性モンスター1体を除外する。
手札に闇属性モンスターが無い場合、手札を全て墓地へ送る。

デッキから2枚のドローを行った後に手札の闇属性モンスター1体の除外を行います。

手札に闇属性モンスターが存在しない場合は手札を全て墓地へ送らなければなりませんが、闇属性モンスター主体のデッキにおいてはドローソースとして活躍します。

手札に闇属性モンスターが存在しない場合においてはセットや召喚などを行って手札のカードをこのカード1枚にして発動を行うことで、闇属性モンスターが引けなかった場合の損失を失くすことも可能です。

逆に手札のカードを墓地に送りたい場合にも活躍するカードとなっています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

通常魔法カードは速効魔法カードと違ってセットしたターンでも発動することが出来るため、プレイングも重要となります。
ルールと効果をしっかりと抑えて有効に活用しましょう。

 

 

それでは今日はこの辺で

ハネクリボー ブログランキングボタン

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

聖地巡礼したらオリパ当たる説 KONAMI 1

  みなさんは最近オリパ買ってますか?

遊戯王から始まる恋は存在するのか? 2

どうもおはこんにちばんわ リアルクリボッチ栗原です。       いきなりなのですが実は栗原は…           彼 ...

カーナベルのいいところ 3

  いきなりですが皆さんはカードはどうやって入手してますか?   パック剥き中毒の方はパックを剥いてでしょうか?ネットポチポチっとするのか店舗でシングル買いでしょうか? &nbsp ...

4

    唐突ですが、漫画やアニメに登場する桁外れにでかいキャラっていいですよね。

治療の神 ディアン・ケト 5

  少し前に「SNOWを遊戯王キャラでやってみた」というくだらない記事を書きました。

-サポートカード解説

Copyright© 遊戯王-クリボー.COM , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.