ライトロードとクリボーを好む遊戯王復帰勢のブログ

遊戯王-クリボー.COM

テーマ・シリーズ解説

サブテラーテーマについて解説

投稿日:2017年9月21日 更新日:

栗原
どうもおはこんにちばんわ エクストラパックをカートン買いした栗原です。

今回はEXTRA PACK 2017で登場したサブテラーについて解説をしていきたいと思います。

海外ではインヴェンション・ヴェノムやマキシマム・クラシスに収録されており、9期のテーマとして登場していました。

アガルタ伝説をモチーフとした壮大なストーリーを彷彿とさせるイラストは見ていてどれもワクワクするものばかり!レベル5~12の大型モンスターがフィールドを次々と埋め尽くしていく様は圧巻です。

 

少し複雑な動きをするカードが多いため、ポイントを押さえながら詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

サブテラーテーマについて解説

サブテラーモンスターは大きく分けて2種類!

サブテラーテーマ解説 サブテラーマリス・ジブラタール サブテラーの戦士

現在サブテラーモンスターには、カード名に「サブテラーの〇〇」とついているモンスターと、「サブテラーマリス・」とついているモンスターの2種類が存在しています。

サブテラーモンスターは主に《サブテラーの戦士》や《サブテラーの妖魔》というレベル1~4の下級モンスターが登場しています。

サブテラーマリスは全て上級・最上級のリバースモンスターであり、それぞれ固有のリバース効果に加えて
・自分フィールドの表側表示から裏側表示となった場合に、自分フィールド上に表側表示モンスターが存在しない場合に守備表示で特殊召喚出来る
・1ターンに1度自身を裏側表示に出来る

という2つの効果を共通効果として持っています。

下級のサブテラーモンスターでサブテラーマリスモンスターの展開のサポートを行いつつ、サブテラーマリスモンスターのリバース効果を発動しながらビートダウンを行っていく動きが基本となります。

 

 

展開の軸となるカードは戦士と妖魔と導士!

サブテラーテーマについて解説 サブテラーの戦士 サブテラーの妖魔

サブテラーマリスの展開方法についてですが、自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示とならなければ手札から特殊召喚することが出来ません。

アドバンス召喚による展開を行う方法もありますが、カード消費が多くなってしまい、時間もかかるため、《サブテラーの妖魔》や《サブテラーの戦士》を使った展開を行うようにしましょう。

 

サブテラーの妖魔の使い方

サブテラーテーマについて解説 サブテラーの妖魔

サブテラーの妖魔》は自身を含めた自分フィールド上をのモンスターを対象に裏側表示とすることで手札・墓地からサブテラーモンスターの特殊召喚を行うことが出来ます。

裏側守備表示か表側守備表示での特殊召喚となりますが、裏側表示で特殊召喚することでサブテラーマリスモンスターの特殊召喚効果の条件を満たし、大量展開に繋げられます。

この効果で特殊召喚出来るサブテラーモンスターにはサブテラーマリスモンスターも含まれているので、手札や墓地のサブテラーマリスモンスターの特殊召喚手段として使用出来ます。

その他にも手札かフィールドから自身を墓地へ送ることで、相手の発動した魔法・罠・モンスター効果を無効にする非常に汎用性の高い効果も持っています。

 

効果の発動を行うためには表側表示で存在するサブテラーモンスターを対象に裏側にしなければならないため、単体で無効化を行えるわけではありませんが、展開力にすぐれたサブテラーテーマであれば容易に発動を行えます。

 

 

サブテラーの導師の使い方

サブテラーの導師

現在登場しているリバース効果を持つ唯一の下級サブテラーモンスターです。

リバース時の効果はサブテラーカードのサーチという非常に使い勝手の良い効果となっており、これまでサーチが行えなかった《サブテラーの決戦》のサーチも行うことが出来ます。

自身とフィールド上の表側表示モンスター1体を裏側表示とすることが出来るため、再びリバース効果の発動に繋げられるだけでなく相手モンスターを裏側にすることも可能です。

サブテラーカードがフィールド上に存在している場合にはフリーチェーンでの発動が可能となるため、《サブテラーの妖魔》と並べることで非常に強力な布陣となります。

また、チェーン1で《サブテラーの決戦》などを発動しておくことでフィールド上にサブテラーカードが存在した状態となるため、他にサブテラーモンスターが存在していない場合においても裏側にする効果をフリーチェーンで発動することが可能です。

特に先行1ターン目などで
1、《地中海シャンバラ》で《サブテラーの導師》をサーチ
2、裏側でセット
3、《地中海シャンバラ》の効果で表側表示にしてリバース効果の発動
4、《サブテラーの決戦》をサーチ
5、《サブテラーの決戦》をセットして《サブテラーの導師》を表側表示で相手ターンへ

とすることで、アドバンテージを得ながらいつでも《サブテラーの導師》の裏側にする効果をフリーチェーンで発動することが出来ます。

《地中海シャンバラ》の効果によって攻撃を無効にしつつリバース効果の発動も狙えるため、非常に優先度の高いカードと言えます。

 

 

サブテラーの戦士の使い方

サブテラーテーマについて解説 サブテラーの戦士

サブテラーの戦士》はデッキからサブテラーモンスターを墓地へ送り、送ったサブテラーモンスターのレベル以上となるように、自身と自分フィールド上のモンスター1体以上をリリースすることで、墓地へ送ったサブテラーモンスターの特殊召喚を行う効果を持っています。

自身とモンスター1体以上をリリースしなければなりませんが、フリーチェーンで発動することが出来ます。

リリースするモンスターはサブテラーモンスター以外でも良いため、《洗脳-ブレインコントロール》などで相手モンスターを奪い、リリースしてしまうことで除去を行いながらサブテラーモンスターの特殊召喚を行えます。

また、自分フィールド上のサブテラーマリスモンスターがリバースした場合に自身を墓地から特殊召喚出来る効果を持っており、なんとダメージステップ時にリバースした場合でも効果の発動が行えます。

墓地とフィールド上を行き来しながらサブテラーモンスターの特殊召喚を行いましょう。

サブテラーマリスモンスター以外にも《サブテラーの妖魔》や《サブテラーの導師》の特殊召喚も行えるため、状況に合わせた柔軟なプレイングが要求されるカードです。

 

 

サブテラーマリスモンスターの使い方

サブテラーテーマ解説 サブテラーマリスの妖魔 サブテラーマリス・ジブラタール サブテラーマリス・リグリアード

基本的には《サブテラーの妖魔》などの表側表示から裏側表示となった場合に発動できる共通効果を使用して特殊召喚を行います。

効果解決時に表側表示モンスターが存在している場合には発動することが出来ず、時の任意効果なのでタイミングを逃してしまう効果ではありますが、自分のメインフェイズに《デス・ラクーダ》などのサイクルリバースを行うモンスターをトリガーに次々と手札から特殊召喚出来ます。

サブテラーマリス・リグリアード》はモンスターの単体除外、《サブテラーマリス・ジブラタール》はサブテラーモンスターを1枚捨てて2枚ドローという破格のドローソースとして活躍し、その他のサブテラーマリスモンスターの効果も強力なものばかりです。

 

 

サブテラーマリスの効果の発動方法

基本的にサブテラーマリスモンスターは表側守備表示で特殊召喚されることが多く、《サブテラーの妖魔》などの効果で裏側表示で特殊召喚を行っても、ルール上そのターンは表示形式の変更が行えません。

そこで活躍するのがサブテラーの専用サポートカードです。

 

地中海シャンバラ

テーマについて解説 地中界シャンバラ

地中海シャンバラ》は発動時の処理としてサブテラーモンスターのサーチを行えるだけでなく、相手モンスターの攻撃を無効にしながら自分フィールドのサブテラーモンスターを裏側表示から表側表示へと変更することが出来ます。

リバース効果の発動トリガーとなるだけでなく、相手の攻撃を無効にすることが出来るため、防御手段としても非常に優秀です。

 

サブテラーの決戦

テーマについて解説 サブテラーの決戦

サブテラーテーマの中でも特に強力なカードが《サブテラーの決戦》です。

発動後墓地へ送られずにセットされるというとんでもない効果に加えて、4種類の効果を選んで発動することが出来ます。

1、サブテラーモンスターを表から裏へ
2、サブテラーモンスターを裏から表へ
3、サブテラーモンスターの攻守を、ターン終了時までそれぞれ合計した数値とする
4、サブテラーモンスターの効果の発動を無効化されなくなる
1と2はサブテラーマリスモンスターの効果発動や、《サブテラーの戦士》や《サブテラーの妖魔》にとっても非常に重要な効果となっており、どのタイミングで発動するかが重要となります。

表にする効果は表側攻撃表示にも出来るので、《サブテラーの戦士》の効果で特殊召喚したモンスターの戦闘に繋げることも出来ますし、《サブテラーの妖魔》の無効化のサポートにもなります。

裏から表にする効果はサブテラーマリスモンスターの特殊召喚のトリガーにも使用出来るので、サイクルリバースが行えない《サブテラーの戦士》などと組み合わせても良いでしょう。

3の効果はとにかく協力で、レベル3の《サブテラーの射手》であっても攻守を3000とすることが出来ます。

サブテラーマリスモンスターを対象に発動を行うことで4000を超えるステータスとなるため、多くのテーマが抱えがちな火力不足をこのカード1枚で補うことが出来ます。

4の効果は《灰流うらら》などの対策にもなりますし、《神の通告》などの強力なカウンター罠カードを無力化することが出来ます。

サブテラーテーマの強さの一因となっているパワーカードなのです。

 

 

リンクモンスターについて

表側表示から裏側表示となることが重要となるサブテラーテーマですが、リンクモンスターは守備表示とならないことから裏側表示とすることが出来ません。

サブテラーテーマ解説 サブテラーマリスの妖魔

サブテラーマリスの妖魔》はリバースモンスター2体でリンク召喚することが出来ますが、リバースモンスターが全て上級・最上級となるサブテラーテーマでの展開は難しく、リバース効果の再発動のために裏側にしておくことの方が多いため、活躍の機会は少ないと言えます。

素材としたサブテラーモンスターのレベル×100攻撃力強化が行えますが、《サブテラーの決戦》で火力不足は解消されているため、無理に展開を行う必要は無いと言えるでしょう。

展開を行った後に邪魔になった場合はサブテラーマリスモンスターのアドバンス召喚のためにリリースすることで、能動的にフィールドから墓地へと送ることが出来ます。

 

 

基本的な動かし方

1、《地中海シャンバラ》を発動しサブテラーモンスターをサーチ

2、《サブテラーの妖魔》などのサイクルリバースが行えるモンスターの召喚

3、サイクルリバースを行ってサブテラーマリスモンスターの特殊召喚へ

4、《地中海シャンバラ》の効果や《サブテラーの決戦》の効果でサブテラーマリスモンスターをリバースし、《サブテラーの戦士》の特殊召喚を絡めながらリバース効果の発動へ

地中海シャンバラ》や《サブテラーの決戦》の効果で相手ターンでもリバースすることが出来るため、《サブテラーマリス・リグリアード》や《サブテラーマリス・バレスアッシュ》などで妨害を行いながらビートダウンを行いましょう。

 

 

弱点

初動となるサイクルリバースが行えるモンスターが来ない場合、何もできないことが多いです。

手札が全てサブテラーマリスモンスターだった場合は何もすることが出来ないので、デッキ構築も慎重に行う必要があります。

初動となるサイクルリバースを行うモンスターを効果発動前に除去されてしまうとそのままターン終了となる場合も多いため、《激流葬》などの召喚反応型の罠カードにも注意が必要です。

有力なサーチ手段も《地中海シャンバラ》しかないため、《ツインツイスター》や《サイクロン》などのフリーチェーン除去カードや、《灰流うらら》などの手札誘発カードなどにも弱く、有力な防御カードがないことからプレイングによってカバーする必要があります。

 

 

相性の良いカード

召喚獣ライディーン

サブテラーテーマについて解説 召喚獣ライディーン

簡易融合に対応しているため召喚権を使わずに展開出来るだけでなく、効果によって自身を裏側表示にすることが出来るため、サブテラーマリスモンスターの特殊召喚効果の発動に繋げることが出来ます。

裏側にすることで破壊されてしまうデメリットを回避することが出来るので、場持ちの良さも魅力です。

 

真竜皇リトスアジムD

サブテラーテーマについて解説 真竜皇リトスアジムD

サブテラーモンスターは全て地属性で統一されているので地属性モンスター2体を破壊して特殊召喚が行いやすく、通常召喚された《サブテラーの射手》を破壊して特殊召喚に繋げることでデッキからサブテラーモンスターの特殊召喚効果の発動トリガーとして利用することが出来ます。

サブテラーマリス・ボルティニア》はレベルが同じ9なので、《真竜皇V.F.D.》などのランク9エクシーズモンスターに繋げられる点も強みです。

 

硫酸のたまった落とし穴

サブテラーテーマについて解説 硫酸のたまった落とし穴

守備力の高いリバースモンスターが多いので、破壊されずにリバース効果の発動だけを行うことが出来ます。

守備力2000以上のモンスターをリバース後に再び裏側にするので《地中海シャンバラ》の攻撃無効化効果の妨害となりません。

ディスアドバンテージとなってしまいますが《サブテラーの射手》を破壊することでフリーチェーンでリクルート効果の発動に繋げることが出来ます。

もちろん相手モンスターにも使用することが出来るので、リバース効果の発動以外にも除去カードとして活躍します。

 

 

まとめ

サブテラーテーマ解説 サブテラーマリスの妖魔 サブテラーマリス・ジブラタール サブテラーの戦士 サブテラーマリス・リグリアード サブテラーの妖魔

いかがでしたでしょうか?

カードの種類が多いので覚えきれない方も多かったと思いますが、基本的にはサブテラーモンスターでサブテラーマリスの特殊召喚に繋げ、サポートカードでサブテラーマリスのリバース効果の発動を行うという点を押さえておけば上手く回すことが出来ると思います。

 

栗原
サブテラーは占術姫テーマやシャドールテーマとも相性が良く、カスタマイズもしやすいおすすめテーマです。

 

という訳で今回はこの辺でノシ
クリボー ハネクリボー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

聖地巡礼したらオリパ当たる説 KONAMI 1

  みなさんは最近オリパ買ってますか?

遊戯王から始まる恋は存在するのか? 2

どうもおはこんにちばんわ リアルクリボッチ栗原です。       いきなりなのですが実は栗原は…           彼 ...

カーナベルのいいところ 3

  いきなりですが皆さんはカードはどうやって入手してますか?   パック剥き中毒の方はパックを剥いてでしょうか?ネットポチポチっとするのか店舗でシングル買いでしょうか? &nbsp ...

4

    唐突ですが、漫画やアニメに登場する桁外れにでかいキャラっていいですよね。

治療の神 ディアン・ケト 5

  少し前に「SNOWを遊戯王キャラでやってみた」というくだらない記事を書きました。

-テーマ・シリーズ解説

Copyright© 遊戯王-クリボー.COM , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.